HOME > 院長コラム > 心とストレス > 花粉症、喘息、アトピー、皮膚の痒み

院長コラム

< 顎の骨隆起  |  一覧へ戻る  |  更年期の微熱 >

花粉症、喘息、アトピー、皮膚の痒み

東洋医学は、体全体を一つとして診ます

花粉症、喘息、皮膚の痒み、アトピーなどの症状は
一つ肺、大腸経の低下
そして、内因、外因(心の原因、環境の原因)がどこにあるのか
脈や体から出ている情報を捉えて治療を組み立てていきます

花粉症、皮膚の痒み、アトピーの発症には、体質が影響しており、体調が悪いために、体の歪みを生じ引き起こされます
また喘息は、背中の張りが強いと、肋骨の広がりが制限され、増長されます
背中の張りを緩めることで、喘息の発作が起きなくなります

症状は、治療によって、体質改善をすることで、引き起こさなくなります

時間がかかりますが、週1回の治療で3ヶ月から、半年ほどで、皮膚の痒み、喘息は起きなくなります
アトピー、花粉症は、半年から1年ほどで体質が変わっていきます
体質にもよりますので、個人差はあると思います
薬は、症状を抑えるもので、改善には至りません

鍼灸治療で体質改善
ずっと薬に頼らなくてもよくなります

しっかりと治すこと、体の中からの改善が、健康で、仕事も遊びも心から楽しめることに繋がります
健康は自分自身で手に入れましょう
 

 

カテゴリ:

< 顎の骨隆起  |  一覧へ戻る  |  更年期の微熱 >

同じカテゴリの記事

2017/09/22心とストレス

言葉の意味

慶が亡くなってから2ヶ月 未だにというか、毎日慶の分骨したものをキーホルダーに入れて持っています 愛情、信頼 あっ~人はこれほどまで大切に思えるってあるんだなと思いました 今日は体についてではなく、心…


2017/07/20心とストレス

悲しみ憂いは肺を傷つける

慶が亡くなってから4日 昨日は開業してから初めて 風邪を引いて午後からおやすみいただきました 悲しみ憂い肺、大腸経絡を傷つける まさに‼喉の痛みで、、 今年の1月に慶の心臓病がわかり夜中に咳が酷くなる…


2017/06/12心とストレス

スマホに首懲り、肩こり、不調に注意

自律神経失調症やパニック障害など 最近増えてきました 私はずっと自律神経など治療をして思うのですが 脳疲労や脳が過敏になるために起こりやすくなっているように感じています 電車の車内を見ても、今や携帯、…


2017/03/19心とストレス

冷え症はうつ、不眠症、不妊、更年期など病気になり…

体が冷えていると行動的になれませんね 様々な症状はストレスからおこります 過度なストレスは、心に負担がかかると 副腎からコルチゾールというホルモンが分泌されます こういったストレス反応が血管を収縮、血…


2017/01/22心とストレス

社会不安障害

社会不安障害・・・女性に多く、年々増えています 社会に出ていくことが苦手になってしまいます 初対面の人に会うことが苦手 大勢のひとの前での発表が苦手 人前で書いたりするのが苦手など・・・普…


このページのトップへ