HOME > 院長コラム > 心とストレス > 冷え症はうつ、不眠症、不妊、更年期など病気になりやすい体を作る

院長コラム

< 冷え症チェック  |  一覧へ戻る  |  女性は冷え症 >

冷え症はうつ、不眠症、不妊、更年期など病気になりやすい体を作る

体が冷えていると行動的になれませんね
様々な症状はストレスからおこります

過度なストレスは、心に負担がかかると
副腎からコルチゾールというホルモンが分泌されます
こういったストレス反応が血管を収縮、血圧をあげます
ストレスが長期に及ぶと神経が過敏になり、緊張し
血行不良、血流が滞り、体の冷えをひきおこし低体温になります


低体温だとセロトニンという幸せホルモンの分泌が低下
うつや睡眠障害をひきおこします
思考能力の低下もまた痛みに敏感になります
首や肩甲骨まわりの筋肉、腰の筋肉も収縮して
慢性的な懲りをひきおこします
体を温めることで、自律神経が安定して元気にに過ごせる体に変化します

鍼灸やインディバで体の根本的な改善をしましょう

薬は治すためのものではありません

冷えを治す薬もない


体のメンテナンスケアが大切
忙しいと後回しにしないで、きちんとケアをしましょう

カテゴリ:

< 冷え症チェック  |  一覧へ戻る  |  女性は冷え症 >

同じカテゴリの記事

2017/12/06心とストレス

首懲り、自律神経とストレス

  今はパソコンやスマホの時代 首の凝りや肩の凝りを訴える方は多いです 首は自律神経と密接にかかわっています 頸椎は7番までありますが、それぞれにかかわっている場所が変わります …


2017/10/10心とストレス

花粉症、喘息、アトピー、皮膚の痒み

東洋医学は、体全体を一つとして診ます 花粉症、喘息、皮膚の痒み、アトピーなどの症状は 一つ肺、大腸経の低下 そして、内因、外因(心の原因、環境の原因)がどこにあるのか 脈や体から出てい…


2017/09/22心とストレス

言葉の意味

慶が亡くなってから2ヶ月 未だにというか、毎日慶の分骨したものをキーホルダーに入れて持っています 愛情、信頼 あっ~人はこれほどまで大切に思えるってあるんだなと思いました 今日は体についてではなく、心…


2017/07/20心とストレス

悲しみ憂いは肺を傷つける

慶が亡くなってから4日 昨日は開業してから初めて 風邪を引いて午後からおやすみいただきました 悲しみ憂い肺、大腸経絡を傷つける まさに‼喉の痛みで、、 今年の1月に慶の心臓病がわかり夜中に咳が酷くなる…


2017/06/12心とストレス

スマホに首懲り、肩こり、不調に注意

自律神経失調症やパニック障害など 最近増えてきました 私はずっと自律神経など治療をして思うのですが 脳疲労や脳が過敏になるために起こりやすくなっているように感じています 電車の車内を見ても、今や携帯、…


このページのトップへ